読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fresh digitable

セミコロンたちが躍動する おいらのコードを 皆さんに 見せたいね

Github flowを始めた

4月末に会社をやめてからというもの、毎日家でコードを書いているか、アニメを見ながらコードを書く生活をしている。知らないことが多くて進みは良くないが、それでも着実にできあがりつつある。

縁あって5月末に一週間だけインターンさせてもらったのだが、その会社でGithub flowを習ったので趣味プロジェクトの開発にも取り入れることにした。Github実践入門を読んで知ってはいたのだが、当時は使うあてもなく、何がうれしいのかわからなかったので完全に忘れていた。

一人だけでやるので一般的なやり方とは違うかもしれないが、一回まわしてみて「こういう感じかな」というのがなんとなく見えてきたのでメモしておく。

  1. issueから優先度が高そうなものを拾って着手
  2. ローカルでブランチを生やし、コミットログの頭にとりあえずwipとつけてcommit & push
  3. new pull request
  4. PRのページにtodoチェックリストを雑に書いて、それぞれをタイトルにしてissueを立てる
  5. issue番号をつけてcommitするとissueページに関連コミットが紐づけられるのでうまあじ
  6. todoを全部倒したらmerge & delete!

今回は先に立てていたissueが雑すぎて細かいタスクが多くなってしまったが、手順4をやることで作業のボリューム感が(他の人にも)わかるので良いと思う。実際にやってみて気づくこともあるだろうし。

普通はmerge前に誰かにレビューしてもらったりするのだろうからPRの単位は小さい方がいいのだろうと思う。この次はテスト書いてCIにつっこんでーみたいなところをやってみたい。

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)