fresh digitable

セミコロンたちが躍動する おいらのコードを 皆さんに 見せたいね

danger-kotlinをやっていこう

DangerfileをKotlin scriptで書けるというので試してみている。今の時点ではver. 0.5.1でWIPとのこと。

github.com

Github Actionsで実際に動かしてみているのだが、これまでDangerで使っていたようなプラグインが使えるようにはなっていないようで、今のところ簡単ではない。それでもkotlin力(ちから)に自信があれば自分でプラグインを書いてもよいと思う。

DangerfileをKotlin scriptで書くにあたり、コードの自動補完が効くようにしたい。開発環境がMacOSLinuxの場合はREADMEに書いてある通りに進めればいいのであろうが、私はWindowsで作業しているので少々難儀した。

READMEにはまず最初にdanger-kotlinをマシンにインストールせよと書いてあるので、Makefileを読みビルドの手順をWindowsに置き換えて実行しようとしたのだが、Windowsだとビルドが通らないようになっていた。その後少々考えて、ダメ元でWSL2の上でJarをビルドし、これに対してパスを通したところ、自動補完が効くようになった*1

あとはKotlin scriptの設定がどこにあるか分からなかった。Android Studio 4.0では設定のOther Settings > Kotlin compilerの下の方に目当てのものがある。

プラグインをどうにかしたい。gradleでjrubyやgemを使えるようにするプラグインはあるので、Kotlin scriptでも何とかして似たようなことができないだろうか。無職になり有り余る時間ができてしまったので挑戦してみてもいいかもしれない。

akihito104.hatenablog.com

*1:インタフェースはちゃんと見えているから自動補完だけなら大丈夫ということだろうか